FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
たんじょうび おめでとう
2008 / 10 / 24 ( Fri )

たんじょうびおめでとう


今日はこぐまちゃんの3歳のお誕生日。

服も自分で着ることができるし、ちょっとこぼすけどスプーンもうまく使えます。

でも鉄棒はちょっと苦手。

誕生日のパーティーにしろくまちゃんもきてくれてみんなでなかよくケーキを食べます。

そして最後にはお待ちかねのプレゼント!!



この絵本、私は長男の3歳のお誕生日に買ってあげました。

服は上手に着ることができるけれどもボタンをとめるのが苦手なこぐまちゃん。

ちょっとこぼすけれども上手にスプーンが使えるこぐまちゃん。

鉄棒がうまくできずに悔しがるこぐまちゃん。

うちの3歳の長男といっしょ!

あまりの共通点の多さにうれしくなって誕生日プレゼントにしました。

でも子供の成長は早いもの。

来年の4歳の誕生日にはきっと3歳のときにできなかったことが色々できているんでしょうね。

この絵本の一番の見所は最後のページ。

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しいページ。

私も長男も一番好きなところです。







スポンサーサイト
14 : 36 : 19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちょっとだけ
2008 / 10 / 09 ( Thu )

ちょっとだけ


弟が生まれておねえさんになったなっちゃん。

おかあさんは弟の世話にかかりっきり。

だから一生懸命、自分のことは自分でしようと頑張ります。

コップに牛乳を注ぐのも、ボタンをとめるのも、公園でブランコを揺らすのも・・・

「ちょっとだけ」成功します。

でもやっぱり眠くなったときはおかあさんに甘えたい。

なっちゃんはおかあさんにお願いします。

「ちょっとだけ抱っこして」

おかあさんはなんと答えるでしょう?




この本は確か次男が生後2ヶ月くらいのときに読みました。

どっちかというと息子のために買った絵本ではなく自分のために買った絵本です。

次男が生まれたばかりでなかなか長男にかまってあげられなかったときに読んですごく反省したのを

覚えています。

この絵本の中で私の心に一番グサっときたのが、友達のおかあさんに「あかちゃん可愛い?」と

聞かれたときになっちゃんが「ちょっとだけ」うなづいたシーンです。


嬉しいけれど寂しい。色々頑張っているけれど泣きたい。

そんな感情がこのシーンにぎゅうぎゅうに詰め込まれている感じがしました。

うちの長男も次男が生まれたときによく言っていたんですよね。

「弟君、キライ!!イヤ!!」

って。

そしてもう一つ考えさせられたこと。

この絵本はなっちゃんの視点で描かれています。

そのなっちゃんの目に映るおかあさんは弟のお世話に忙しくてなっちゃんにいつも背中を向けています。

あぁ、私も長男に背中ばかり向けていたかもしれない・・・

長男の目に私はどう映っていたんだろう・・・

本当に色々と考えさせられる大人の絵本でした。

次男を出産する前に読んでおきたかったな。


でもね、こういう過程を経て子供は成長していくんだとも思います。

いろんなことに挑戦して「ちょっとだけ」の成功を少しづつ重ねていって子供は成長してたくましくなって

いくんでしょうね。







10 : 12 : 43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
しろくまちゃんのほっとけーき
2008 / 10 / 03 ( Fri )

しろくまちゃんのほっとけーき

おなかがすいたしろくまちゃん、おかあさんと一緒にホットケーキを焼きます。

材料をそろえ玉子を割って、こぼしながらも一生懸命混ぜて・・・

見事にホットケーキを焼き上げます。


こぐま社の「こぐまちゃん」シリーズ。

ハッキリした色づかいとスッキリとしたデザインの絵で子供の心にすっと入りやすいシリーズだと思います。


この絵本で私が一番好きなシーンはここ!

2ページを使って描かれているホットケーキを焼くシーンです。

shirokuma

「ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ」「しゅっ ぺたん ふくふく くんくん ぽいっ」

ホットケーキが食べたい・・・・切実に思いました。

そして焼いちゃいました!


もう一つ、この本の良いところはしろくまちゃん主体でものごとを進めていくこと。

材料そろえ、玉子割り、そして混ぜ、焼き・・・全部しろくまちゃんがしています。

そして後片づけも!

この本を読むと自分で作り食べることの楽しさがわかり、やってみたい!という意欲がわいてくるのでは

ないでしょうか?



そしてこの本は私が子供のときに買ってもらった絵本です。

イラストがかわいくて姉とボロボロになるまで読んだ思い出があり、自分に子供が生まれたら絶対に

買ってあげるんだ!!と決意していた本です。

息子のために買って初版の年を見たら何と1972年でした!

私が産まれる前です。

35年以上もずっと愛されてきたんですね、こぐまちゃんシリーズは。

愛おしくなってきました。

息子もこのシリーズが大好きです。





14 : 51 : 50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。